犬とぬくぬく

アニマルコミュニケーションで感じたこと、動物たちのエピソードや、愛犬達との日常を綴るブログです。

もっと楽しもうよ

こんにちは!アニマルコミュニケーターぬくい 陽子です。

f:id:acnuku:20240513101540j:image

何度かお話しさせていただいている、チワワのまめくんのお話です。今回もご自宅へ伺いました。
まめくんは、もうすぐ16歳になります。持病もあるし、体調を崩した時期もありました。

去年、お兄ちゃん犬が天国へ旅立ったということもあって、飼い主さんはまめくんの体調変化に敏感に反応して心配してしまいます。

そんな飼い主さんに対して まめくんは
「体調の波は、ゲームみたいな感覚で見守って欲しい」
と伝えてきてくれました。

トイレの場所が遠くないか聞くと
「なにくそ!って闘志が湧くから、そのままにしておいて」

最近よく食べていた豚肉は
「ボクの中での豚肉ブームはピークを過ぎたから、そろそろ他に変えて」

まめくんの気持ちを聞くたびに、飼い主さん達は笑顔になって盛り上がります。

まめくんの想いは

『家族には笑っていて欲しい。自分も毎日楽しく暮らしたい。』

なんです。

「もっと楽しもうよ。笑って盛り上がろうよ。」
そう伝えてきてくれました。

まめくんの気持ちを知って、飼い主さんは「心が軽くなった」とおっしゃっていました。

 

シニアのペットと暮らしていると、心配事も増えるし、心が重くなりがちかもしれません。

でもペット達はそれを望んでいないことが多いように思います。

・今までと同じように接して欲しい。
・心配そうな顔でジロジロ見ないで欲しい。
・大丈夫?ってイチイチ聞かないで欲しい。
・できないことが増えても悲しまないで欲しい。

そういうシニア、多いです。

人間は過去の事や未来の事で悩んだりもするけれど、
ペット達から見たら「なんで?」と思うんでしょうね。
「今こうして一緒に生きてるんですけど?」
たしかに、それ以上に大切な事はないよね💦

…人間側の課題ですね😅

お話させていただきありがとうございました💕
シニア万歳🙌

 

 

 

✨✨アニマルコミュニケーションのモニター様を募集しています。

お写真での遠隔セッションの他、ご自宅やカフェ等へ伺い直接お会いする対面セッションも大歓迎です。

★セッションのお申し込みはこちらから★